ロボカップジュニアサッカーに参戦していたTeamReverseの徒然を記すブログです
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年05月08日 (日) | 編集 |
Reverse父です。

少々落ち着いたので,ジャパンオープンの感想など書いてみたいと思います。ただ,私自身はサッカーAライトウェイトの審判をしていたので,他のカテゴリやチャレンジをあまり見られていません。それらは,「ちょっとだけ見た」感想とご理解ください。

1.強制移行ルールの効果
 昨年のジャパンオープンから,ジャパンオープン決勝トーナメント出場チームは上位カテゴリ(Aライト→Aオープン→B)に移行しなければならなくなりました。これはグレースケールを残したライトを入門カテゴリ,重量制限が緩和されて様々な機構を積載可能となるオープンを中級カテゴリ,枠がなくなってより高度な制御が求められる上級カテゴリのBという意図を持って作られたルールですが,その意図が反映されていたように思います。(競技としては入門者がBをやっても何も問題はないのですが,相手あっての競技ですから,同じようなレベルの相手と対戦/交流するという意味では,ステップアップの考え方が有効なのかな,とも思います)

では,各カテゴリの感想など。

2.ライトウェイト
 ライトウェイトでは,普及のために新たに開設されたブロックからの参加者が多く見られました。昨年よりも2輪ロボの割合が多かったように思います。また,経験を積んだチームが上位カテゴリに移行したせいか,オムニホイールの扱いに苦労していたり,最終日に天窓からの日差しが明るくなってくるとボールが見つけられなくなるような動きも見られました。まだ少々経験不足なのかな,とも思えますので,調整の練習を積んだ方がいいように思います。また,ルールについてもう少しよく理解した方がいいように思います。ロボットを配置したり,審判と交渉したりするのはキャプテンのみのはずですが,よくわかっていないチームもありました。審判として少々厳しく指導しましたが,なぜ指導されるのか,よく理解して強くなってくれるとうれしいです。
 ライトウェイトは,フレッシュなチームが多かったのに加えて,1.25kg制限と,昨年よりさらに250gの減量を求められたため,ドリブラーやキッカー装備のロボットはほとんどありませんでした。ボールを押していくロボットが多い中,キーパーへのプッシングは昨年よりも厳しくとる傾向(審判の判断能力が上がったこともあります)があり,キーパーがちゃんとしているとなかなか点が入らない試合になっていました。
そんな中,ドリブラーを装備し,ちゃんと逆回転でキックもできるロボットがありました。震災の中,東北から参加してくれた「東北魂」のロボットです。予選リーグの審判をしていたので,じっくり見させてもらえました。軽量なガンローラーを駆動系に使うことで1.25kgの中でドリブラーを装備し,キックを見せてくれました。ボール押しロボットが多い中で,確実に「すごい」ロボットでした。ボールをとらえる動きが少し甘く,なかなかドリブラー炸裂とはいきませんでしたが,なんどか「おおーー!」と歓声のあがるシーンを見せてくれました。すぱらしいです!こだわりと根性に拍手を送りたいと思います。

3.オープン
 オープンはカーペット上の動きが遅いと思っていた私の予想を覆してくれていました。速いです!重量級のロボットがものすごいスピードで動きます。モーターの寿命が心配になるほど...
 ただ,あの狭いコートであのスピードになったせいで,ボールコントロールが甘かったように見えました。ドリブラーやキッカーを装備していても,なかなか有効に機能しない(相手が速くて距離をつめられて押し合いになる)ようでした。スピードが速くなればその制御,特に減速&停止の制御が難しいように見えました。
 それにしても,オープンは3コートしかありませんでした。参加者の数によるのでしょうが,オープンは少なかったようです(四国からはゼロでしたし...)。強制移行組がオープンを飛ばしてBに行った例をいくつか聞いていますが,来年からはさらに移行組が増えるのでもう少し増えるでしょう。
 オープンはブロック大会後にパルスボール対策が必要になったようですが,各チームよく対応してきていたようです。

4.B
 Bは...すごいです!昨年は,ボールを追うことすらままならないチームが多かった感じでしたが,今年はものすごくハイレベル!スピードも精度も2段階くらい上がったように見えました。世界と互角に戦ってくれるように思います。Bはあまり見られなかったので,このくらい...

5.フラットな会場
 シニアを含めてワンフロアにすべての競技があったため,いろいろ見て回りやすくていい会場でした。特にサッカーは観戦しやすい配置でとても良かったです。レスキューBがおもしろそうでしたが,上から目線のカメラ画像とかあると,よく見えていいように思います。
 ただ,会場にいろんな音がしているため,案内のアナウンスがほとんど聞き取れない,というのがちょっと難点でした。通路に案内情報を流す「総合掲示板」みたいなもの(プロジェクタでもいいですが)があればよかったかな,と。特に,今どこでどの試合をしているのか,がわかると観客としてはありがたいですね。

6.ジュニアパーティー
 私は総会にいて見てないのですが...写真,ものすごく楽しそうでした(行けば良かった...)
急遽実施が決まったそうですが,ご尽力いただいた皆様,本当にありがとうございました。子供達,とっても楽しかったそうです!試合だけじゃなく,交流&友達作りが大切ですね。その機会をくださった運営の方々に感謝いたします。あそこに参加した子供達が,またみんなに会いたい,という強いモチベーションを持って今後もRCJに取り組んでくれることは間違いありません!

 この規模の大会がボランティアベースで開催されていることがすごいです。実行委員の皆様,運営に関わったスタッフの皆様,本当にありがとうございました。

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/08(Sun) 23:53 |   |  #[ 編集]
ありがとうございます
ジャパンオープンお疲れ様です
今まで、ロボット始めてからずっと
お世話になっていました。ですがやはり自分たちの力だけでは無理ですのでこれからも
お願いします
2011/05/09(Mon) 13:45 | URL  | G・I #-[ 編集]
これからもがんばって
Reverse父です。

G・Iの初ジャパンオープンも大健闘でしたね。次からは上のクラスでの戦いになるでしょうから,いろいろな機構も付けられるし,もっと高度なサッカーができるでしょうから,コツコツやっていきましょう。
2011/05/10(Tue) 09:03 | URL  | Reverse父 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。