ロボカップジュニアサッカーに参戦していたTeamReverseの徒然を記すブログです
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年05月17日 (火) | 編集 |
準決勝です。関西1位のガキ大将戦です。
もうひとつの準決勝戦がセカンダリ同士の試合だったので,事実上,この試合がプライマリ決勝戦ということになります。ものすごい試合でした。

前半戦


後半戦



試合中はあまり見えなかったので,ビデオを通しで観てビビりました。感想..「ほんとによく勝ったな~」

正直,前半でもうだめかと思いました。完全にパワー負けしてます。FWは重心が後ろにあるため(ソレノイド載せなかったから)前下から当たられるとひっくり返されてしまいます。途中で動きがおかしくなって一人でボール支配しながらダンスするようになりますが,メンバーいわく,コンパスが外れていたようです。3度目の正直。ノード大会,ブロック大会で,コンパスエラー時の動きを書いてなくって全く動かずに負けたのが,さすがに全国大会までには書いたようで,コンパスが外れてもボールだけを追いまくる動きになったようです。故障していなくなってしまうよりはましで,ひたすらボールを支配し続けて,どんどん点を入れられるのは防いだようです。
ただ,ねこの足が限界です。もうよちよちしか動いてません。それでも故障退場して直すより,コート内で少しずつでも動いている方がよいと判断したようです。
FWは,やはりプッシングが多く,なかなか得点できません。さすがにこのクラスになると,そうそうスキをみせてくれません。ボールへの反応が速いため,ほとんど得点させてもらえません。
後半になって陣地が変わると,Reverseは動きがよくなり,逆にガキ大将の動きがおかしくなったようで,5点も差があったので無理かと思いましたが,メンバーの気合がロボットに乗り移ったようで,ギリギリ逆転に成功しました。全国大会準決勝にふさわしい,とってもいい試合だったと思います。ライトウェイトに出るチームはこんな試合ができるようになるといいな,という目標にできる試合ですね。すばらしい選手達に拍手!!

コメント
この記事へのコメント
当日、あまりライトの上位戦は見れなかったので、公開していただいた動画を見てかなりショック受けてます。1.25kg でこれかよ...というのが正直な感想です。とにかく、どのチームもレスポンスと動作が速い !!! ケチケチ軽量化で勝ち抜く日本の全く新しいスタイルが生まれているように思います。多分、このような低重心と恐ろしく速いスピードがオープンAとBにも新しい潮流を巻き起こしていくが確実だろうと感じました。
2011/05/17(Tue) 23:17 | URL  | モッパー #vASB4.KM[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。