ロボカップジュニアサッカーに参戦していたTeamReverseの徒然を記すブログです
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年05月19日 (木) | 編集 |
決勝戦です。相手は奈良の高校生+大学生チーム,NR-Iです。強かった...

北原先生によると...史上初の対戦だそうです。何がって...決勝戦の両キャプテンがともに女の子!です。そういえば,準決勝もキャプテンは女の子同士でしたね。女子旋風吹き荒れるライトウェイトって感じでしょうか。
閉会式で話がありましたが,今年のジャパンオープンには,参加者の男女比率改善のために「女子枠」というのを設け,新しいブロックから女子のチームを呼んだそうなのですが...準決勝のガキ大将は関西ブロック1位,決勝のNR-Iは京滋奈ブロック1位,うちは四国ブロック2位ですから,みんな実力でブロック大会を突破してきている女子のいるチームです。数は少ないかもしれませんが,強い!上位大会になればなるほど,女子の強さが目につくような気がしました。気のせいかもしれませんが...

前半戦


後半戦


Reverseは,準決勝の激戦でほぼ力を使い果たしたようです。FWは相変わらず相手のスキをつけるほどの切れがなく,プッシングを繰り返しています。どこかで後ろの超音波のキャリブレーションスイッチが長押しされてしまったようで,距離の値が狂っていたそうです。おかげで,後ろの壁との距離感を保てず,ゴールに入って退場させられてしまう始末...また,ねこよりも後ろに下がってしまうせいで,逆サイドからの攻めが全く防げなくなってしまっています。
ねこの方は...かわいそうですが,ほんとにもう限界でした。右前脚が動かないので,右斜め前方向へは飛び出せるようですが,左方向への移動がほとんどできません。ですので,左からの攻めには全くなすすべなしです。さすがに決勝です。こんなスキを見せてしまうと,見逃してはくれません。前半は何とか同点で持ちこたえたものの,やはり力の差が出ました。さらに(未確認ですが)NR-Iさんは,後半から動きが速くなったように思いますし,こちらの苦手サイドからの攻めが多くなったように思います。試合内容を分析してハーフタイムに対応されたのでしょうか。やはり年長者ならでは,という印象を受けました。
NR-Iさんのロボットは攻めと守りの切り替えがものすごく速いです。ほとんどスキがありません。押してボールを運んでいてはなかなか得点できない相手でした。グレースケールとコンパスであの動きを実現しているとのこと,参考になるチームも多いのではないでしょうか。世界大会に向けて,パルスボール対策,カーペット対策とやることがいっぱいでしょうが,ぜひ頑張ってほしいですね。残念ながら,NR-Iさんはセカンダリなので,世界大会で再戦というわけにはいきませんが,またいつか対戦を観てみたいと思います。

映像には映っていませんが,試合終了と同時に大観衆から大きな拍手を頂きました。ほんとにいい決勝戦だったと思います。いい試合をありがとうございました。


コメント
この記事へのコメント
NR-Ⅰの者です。
動画のアップロードありがとうございます。
またどこかで対戦できたら嬉しいです。

私達のロボットは、前半戦で同点に持ち込まれたのを見て、後半戦はプログラムでタイヤの回転スピードを上げていました。
こちらも世界大会に向けて色々対策しなければいけないのですが、Reverseさんはその対応が速くて驚きです。
私達はまだ対策を練っているだけで、殆どロボットには触っていません(笑)。

世界大会まであと1ヶ月と少し、お互い頑張っていきましょう。
2011/05/25(Wed) 19:37 | URL  | NR-Ⅰ #vIsHFOWQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。