スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
改造進行中
Reverse父です。

ジャパンオープンを戦ったReverseのロボット達は,満身創痍でした。特に足!
黒豹の足は毎試合走り回ったせいか,ギアモーターのピニオンギアに一筋の溝が...かみ合うギアの方も歯がトゲくらいになっています。手で回すとガラガラとおかしな音がします。やはりかなりの負荷がかかっていたようですね。まあ,四国ブロックから14試合全力で戦った足ですから,仕方ないですね(結構退場で休んでいたはずですが...)。ただ,焼けないように改造したカーボンブラシは半分以下しか減っておらず,うまく機能したようです。
世界大会向けには新しくロボットを作り直していますから,足も新調です。昨日までに新しいメイン基板,モータドライバ基板,外形板,アルミフレーム+オムニの足回りが完成。新設計のボールセンサ周りとキッカー周りができれば部品は完成です。ただ,新しい設計のため,組み立てにいくつか支障が出てきたようで,どうするか考え中のようです。間に合うんだろうか??
ねこの方は,試合中から足が動かなくなってましたが,モータを分解すると,やはりブラシが焼け飛んでました。同じことが起こらないように,今度は,ねこのモータもカーボンブラシ化。新しく届いたモータを分解/改造し,オムニを履いて昨日ねこに装着。まだセンサ首輪は完成していませんが,残りの部分で仮組みして走らせていました。カーペットの上でも今まで以上にスムーズに動きます。結構いい感じ。あとはセンサを完成させてくみ上げればプログラムに入れる状態のようです。なんとか間に合いそう^^
[ 2011/06/05 08:32 ]

ロボカップ | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<バーニングキャット!? | ホーム | TJ3サブ基板>>
コメント
--- ---

頑張ってください。
同じ愛媛の仲間として応援しています
G・I T * URL [編集] [ 2011/06/05 20:04 ]
--- がんばってきてください。 ---

世界大会、出場おめでとうございます。東北魂のドリブラーを搭載しているロボットを製作した者です。(名刺をお渡しした記憶がないのでこのくらいしか説明できませんが)
大会が終わり、いろいろな方々のブログを転々と回り、ここへたどり着き、それ以来、拝見させて頂いております。
交流戦ができなかったのですが、席が近かったので、2つのロボットとプレゼンを拝見しました。
すごい技術力ですね。とてもびっくりしました。とても強いチームだ、というのを伺っておりましたが、このロボットの完成度など、とても努力されているんだな、と感じました。
来年度も出れるようであれば、また、このブログにコメントさせていただきます。この、ドリブラーをつけたロボの製作者が、来年度に出れるのかどうか、現状がまだはっきりとしていないので。
おそらく、来年からは、東北魂とリーグが異なると思いますが、来年度の全国大会でお会いできれば、交流しましょう。
では、世界大会、がんばってください。
東北魂 * URL [編集] [ 2011/06/09 22:49 ]
--- 大変でしょうががんばってください ---

東北魂メンバー様

Reverse父です。コメントありがとうございます。
メンバーは今結構大変な状況でなかなかコメントの返信をすることができなくてすいません。
Reverseメンバーが覚えているかどうかはわからないのですが,私はよく覚えています(予選コートの主審でしたので)。記事にも書きましたが,ホントいいロボットでしたね。今回のジャパンのライトウェイトで,あれだけきれいなドリブルを見せてくれたのは,東北魂のロボットだけだったように思います。また機会があれば交流できるといいですね。
Reverse父 * URL [編集] [ 2011/06/14 01:28 ]
--- モーターについて ---

今ダイセンモータを分解したりして、
調べている中学生です。

お言葉に甘えて質問ですが、
teamReverseさんは、
どのようにしてカーボンブラシが付けれるような改造をしているのでしょうか?
saint * URL [編集] [ 2011/09/09 07:39 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://teamreverse.blog3.fc2.com/tb.php/119-187e8afc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。