ロボカップジュニアサッカーに参戦していたTeamReverseの徒然を記すブログです
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年11月03日 (木) | 編集 |
Reverse父です。

実は10月の練習競技会以来、持病の腰痛が再発し、かなり辛い状況が続いています(薬なしでは日常生活に支障があるほど)。とはいえノード大会までもう1ヶ月ちょっと。動けないようにならないよう、なんとかやっています。

Reverse妹は本格的に勉強を始め、ねこは仕舞われたまま出てきません。まあ、ブロック大会直前に復帰予定なので、2、3日でなんとかするでしょう。

Reverse姉は、また改良版新作の「黒豹III」(仮称)の試作機を作ろうとしていますが、今のところ足回りと、制御系のマイコン回路等々ができただけ、ロボットになっていません。10月はテストと修学旅行で、あまり活動できず、まだまだ準備段階です。そろそろセンサー周りの回路やモータドライバを作っていこうと部品を注文していたのですが、せっかく全日フリーの休日に間に合わず...夜になってやっと届きました(残念)。来週はまたテストがあるようで、週末もあまりできそうにありません。ちゃんとできるんでしょうか??

さて、せっかくの休日、ロボットの方の制作ができないので、仕方なくコートの方の準備をしました。我が家流の簡易コート制作です。
ホームセンターに行って、1×6の板を124cmで4本切ってもらい、間を蝶番で繋いで248cmの板を2本作りました(折りたたみ収納可。多少の長さ違いは気にしない^^)。182cmの1×6板は、以前のAコートの長辺側を使うことで、Bコートの外壁が出来上がります。角は、L字金具をボルトで止められるよう、鬼目ナットを埋め込みました。あとは金具を止めれば一応完成なのですが、現在の我が家にはこの大きさのコートを置く場所がありませんので、ハーフコートができるのだけを確認して終了しました。普段プラスチックやアルミ板の加工をしている姉は、木の柔らかさに多少びっくりしていましたが、蝶番も鬼目ナットも、やり方を教えると、動きの鈍い父に代わってうまく作ってくれました。
ちなみに我が家のコートは塗装をしておらず、板に直接100均の黒布テープを3段貼付けて黒くしています(Aコートのテープは結構ボロボロになっています。よく練習したんですね)。ゴールも青と黄のテープを貼っています。Bのゴール用には別途10cm巾の板を買ってありますので、後ほど組み立てる予定。カーペットは...ハーフコート分しかありませんので、どうしましょう...
この方法だと、カーペット以外、予算約6000円で収納可能なコートができます^^。腰には悪いですが...床部分は、平らなところに設置するのが基本です(笑)。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。