ロボカップジュニアサッカーに参戦していたTeamReverseの徒然を記すブログです
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年04月02日 (月) | 編集 |
Reverse父です。

ジャパンオープン感想の続きです。

ライトウェイトリーグで、いくつか面白いロボットがありました。

TJ3ノーマルタイヤ&ギヤモータを2つ使ってドリブラーをつけているチームがありました。なかなかうまくホールドできないようでしたが、ボールを捕まえると綺麗にドリブルして運んでいました。ただ、運ぶ方向がゴールの方にうまく向かずにバックしたり、ゴール前でも離さずにずっと持っていたり…ちょっと惜しかったですね。でもライトでドリブラ装備が少なくなっている中、注目のチームでした。
決勝に残った2チームの他に、もうひとつ、超高速マシンのチームがありました。駆動系に世界レベルのジョンミンを使い、サーボでキックを放つマシン。もうその速さは別次元で、グレースケール上では速すぎて制御が難しいように見えました。予選終了後もずっと残って調整を続けていましたが、その動きは決勝戦にいてもおかしくないくらいの動きでした。翌日の決勝トーナメントではうまくロボットが動かなかったようで、ちょっと残念な結果になりましたが、カーペットでは本領を発揮するでしょうから、来期は注目のチームになりそうです。

オープンリーグは、昨年のようなスピード&パワー戦じゃなくなっていました。ちょっとしか見ていませんが、こちらもライトと同じように強制移行の弊害が出ているようです。基本的な回りこみとか掻き出しとか、そういう処理がもっとできていたり、ちゃんとゴールを狙ったキックをしたり、もう少し精度の高いサッカーを目指して欲しいと思います。あくまで観戦者の感想ですが。

コメント
この記事へのコメント
ロボット紹介ありがとうございます
DKTshootのsaintで~す(#^.^#)

今回出場のロボットはarduinoでジョンミンの制御を頑張りました。

初号機のシャーシの素材が悪かったりして、できるのが1週間前となってしまいました。

特にパートナーが作ったロボットは、完成が遅く、僕のを見ながら全く同じに作ったのですが重さがオーバーしていました。
彼は調整日にはんだコーナーにこもって
配線を短くし18:00くらいに出来上がりました。

そのせいで予選はじめはGKの動きが悪く、
プログラムの作成が大変でした。
中盤からやっとまともな動きをして、
ほっとしました。

次回は時間に余裕をもち、より完成度の高いプログラムを作成し、試合に臨もうと思いますが、受験もあるので良く分かりません。
2012/04/03(Tue) 16:30 | URL  | Saint #-[ 編集]
Arduinoだったんだね
Saint君

Reverse父です。ジャパンオープンお疲れさま。ジョンミン足廻りをArduinoで制御ですか。なかなかやりますね。あれだけのロボットを完成させてきたのですから、もう少し時間をかければもっと良くなりそうですね。これからの熟成で次のシーズンはうまくいくでしょう。受験もあるとのことで大変でしょうが、また試合で見られるのを楽しみに待っています。
2012/04/04(Wed) 18:24 | URL  | Reverse父 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。