ロボカップジュニアサッカーに参戦していたTeamReverseの徒然を記すブログです
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年01月11日 (金) | 編集 |
Reverse父です。

例年は年末クリスマス頃に新年度の世界大会のルールが発表されますが、2013ルールは今日国際サイトに発表されていました。(こちら

内容は【衝撃的】です!

追加・更新された部分は赤字で書かれています。日本語版もそのうち発表されると思いますので、内容は詳しく書きませんが、行き過ぎたロボットのスピード、パワーや、人間スケールにするとありえないキックなどを抑え、より「きちんと制御する」ことを目標に据えて取り組むことの出きる面白いサッカールールになっていると個人的には思います。
内容を早く知りたい人は、頑張って英語を読んでみてください。



コメント
この記事へのコメント
こんにちわ、ぽよこまだんなです。

新ルールのアナウンス有難う御座います。
(こんな夜中の時間に、お疲れ様です。)

自分もザッと眺めてみたのですが、
子どもたちのロボットにそれほど影響は無いようにみえますが、
コート変更のインパクトで運営の方がちょっと大変ですね。
(あのサイズのコートを各家庭にってのは辛そうです^^;)
2013/01/11(Fri) 13:00 | URL  | ぽよこまだんな #-[ 編集]
Reverse父さん、こんにちは。

すいません。
昼休みにRCJ公式サイトでルールを見つけた後、こちらのblogを拝見したら、ルールを見た時の衝撃が、そのままの形に表現されていたので、まったく同じ表現を使わせてもらいました(笑)

このルールというかなんていうか、日本はやっと国際ルールに追いついたと思ったら、極端に離された感じですね・・・。

どう、ジャパンローカルに反映されるのでしょうかね。
2013/01/11(Fri) 23:03 | URL  | GRA父 #-[ 編集]
ぽよこまだんな様

運営も大変ですが、今度のジャパンオープンでのサブリーグ分けや世界への選抜方法、あるいは世界出場チームの対応が大変でしょうね。
世界のサッカーをみてしまうと、とてもロボットの技術を高めたサッカーらしくなくなってしまっているので、もう一度原点に戻るにはとてもいい選択かと思います。初心者も工夫次第で面白いサッカーは出来ると思いますし(コートを置くのが大変でしょうが)。
2013/01/12(Sat) 12:35 | URL  | Reverse父 #-[ 編集]
GRA父様

思わずそちらのブログを見て笑ってしまいました。全く同じ感想ですよね^^

でも、面白いと思いますよ。辞退とか言わずに行っちゃってください^^
2013/01/12(Sat) 12:37 | URL  | Reverse父 #-[ 編集]
Reverse父さん、こんにちは。

すいません。
本来、当方blog側で書くべき事なんだと思いますが・・・。
失礼ながら、再投稿させてもらいますね。

もう(最初からだと思いますが)お気づきかと思いますが、当方blogでは、表現上、あのように書きましたが、予測通りなら、辞退以前の問題である気がしてます。

と書きましたが、実際は不明ですけど(笑)
2013/01/12(Sat) 15:25 | URL  | GRA父 #-[ 編集]
衝撃的内容
Saint父です。

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

私も昨日みて、驚きました。苦労してサッカーAのコートを揃えた新ブロックとしては衝撃的な内容でした。

サッカーBのコートはうちの軽自動車では運べないし。常設先もないし、運営泣かせの世界ルールです。

メジャーの中型リーグでは毎年、フィールドが大きくなり(現在、18m×12m)、ほとんどの大学で練習場所を確保できなくなったため、参加者が少なくなり消滅しそうです。世界大会でのチームが集まらず困っているそうです。


2013/01/12(Sat) 20:43 | URL  | Saint父 #RhC0swPY[ 編集]
Saint父様

日本国内で新ルールにどう対応して行くのかはまだこれから議論でしょうから、サッカーAがなくなるのかどうかはわかりません。もちろん今年のジャパンオープンでもどうなるのか...ただ、2013ルールですから、今年の世界大会ではサッカーAは「ない」のが確定したということですね。ライトウェイトもBサイズのコートになると。うちのチームを見ていると、Bコートでは単にゴール前に陣取ったり、ホームポジションに戻ったりするだけでも難しいようで、それなりにサッカーらしい動きをするには、結構コツがいるようです。ジャパンで世界出場が決まってから対応するには、かなり頑張らないといけないでしょうね。まあ、Reverseの時もグレースケールからカーペット、常時光ボールからパルスボールと、いろいろ対応しましたから、出ることが決まったチームはなんとかするでしょう。なによりBのゲームは面白いですよ。
それから、Bコートは(常設の大きい奴は大変でしょうが)コンパクトに作ることも出来ますよ。うちのは、短辺側はAコートの長辺の板、長辺側は半分サイズに切った板に蝶番をつけて折り畳めるようにしてあります。2013ルールのように、線から出たら退場!ということでしたら、重量級ロボットの激突に耐える壁でなくてもいいでしょう(超音波のための壁?)。カーペットは床に直敷で、丸めて保管。ゴールは単辺側に板で取り付けるようにしています。カーペット込みで、6千円強くらいで作れました。バラバラにすれば、セダンでもなんとか運搬できます。ただし、広げたときに2.5畳分の広さが必要なので、家に設置するのは大変です...
まあ、これからどうなるのか、楽しみでもあり、運営上の不安もありますね。
2013/01/14(Mon) 23:01 | URL  | Reverse父 #-[ 編集]
コートのつかり方など、大変詳しく教えて頂きありがとうござます。参考になります。

話は変わりますが、ハネウェルの地磁気センサモジュールHMC5883Lをe-gadgetで使える方法の記事を私のブログhttp://demura.netに書いたので良かったらコメントください。


2013/01/15(Tue) 02:12 | URL  | Saint父 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。