ロボカップジュニアサッカーに参戦していたTeamReverseの徒然を記すブログです
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年05月05日 (月) | 編集 |
Reverse父です。

最近、ロボカップジュニア関連のブログが少なくなってきたように感じています。もちろん年数が経ってチームが活動しなくなったり卒業したりして、なくなっていくのは仕方ないのですが、どちらかというと、ブログで情報発信よりも、FacebookなどのSNSの普及で、リアルで知り合いの人たちの間での情報交換が主になってきているのではないでしょうか。
今回のせとうちオープンのことも、参加者のFacebookでは活発に報告がでたり写真やビデオがあがったりしていますが、知り合いじゃない人、ロボカップジュニアを始めようかなとか、始めたばかりで情報を探している、というチームにはなかなか情報が届かない(もちろんジュニアジャパンからの情報が少なすぎるのが問題なのですが...)ようになってきたと思います。うちが始めた頃は、たくさんの先輩チーム(GRA・CHAN!さん、モッパーさん、HANEWさん、M Labさん、クルミラさん他)のブログで重要な情報をいただいていました。また、多くの先輩チームが、たくさんの技術情報を記した文書を残してくれていました。こういう情報共有(公開)がだんだん少なくなり、内輪だけになっていくのは、さみしい、というより、新しく参加する人にとっては、なかなか入っていくことができないようになってしまうのではないか、と危惧しています。まあ、少しでも公開情報で、こんなことしてるよ!というのをお知らせしていきたいと思います。(うちの活動はないのですが、オヤジはオヤジで楽しみがあるので...)

話はそれましたが、せとうちオープン2日目の様子です。
今回のせとうちオープンでは、日本初のBコート4倍ビッグフィールドゲームを実施しました!!スーパーチーム戦、すなわち、いくつかのチーム合同で大きなチームをつくり、5対5のロボットサッカーゲームです!
このせとうちオープンで本当のビッグフィールドに近い4倍Bコートのゲームを実施しようと、M Lab父さん、広島ブロック長さんと一緒に画策してきました。広島ブロックのBコートはブロック長お手製ですが、最初からビッグコートのことを考えて連結できるようになっています。愛媛ではノードでタイルカーペット(ジャパンのは高いので、安いコ○ナン製ですが..)を使っていますので、それを持ち込んでフィールドを作りました。Bコート2面分の壁と、タイルカーペット(50cm四方)80枚で、5m×4mの巨大コートを作りました。

設営中(photo by K田君)、下のBコートと比べるとその巨大さがよくわかります。
設営中

出来上がったビッグフィールドで早速調整中。
調整中

そして、チーム分け。当日ホワイトボードで発表です。ライトもオープンも、AもBも関係なし。アウトオブバウンズ対策ができていないAのチームも楽しめるよう、Aのチームはペナルティなしです。
スーパーチーム

ルールも当日発表(というか、2014公式ルールがありますが、英語ですから...皆知りません)。ホワイトボードに書いて、チームキャプテンに説明しただけ。それでもみんな対応します。この対応力がロボカップジュニアのすごさです。
ルール

ノード、ブロックを出ると、どんなコートなのか、ルール対応もどうなのか、地域によって違ったりします。カーペットの材質が違ったり、ルール解釈でいろいろ審判に指摘されることもあるでしょう。そんなときに文句を言っていても始まりません。世界大会ではもっと過酷です。抗議するにも英語でやり合わなければなりません。このビッグフィールドゲームは、2013オランダ世界大会で初めて開催されましたが、全く参加チームには知らされておらず、現場でいきなり巨大コートを見せられ、その場で対応することを求められたようです。強いチームは、この現場対応力がすばらしいのですよ!

さっそく、スーパーチームで集まり、メンバーが戦略を相談します。経験の長いお兄さんお姉さんメンバーが、ちゃんと小学生メンバーにも対応して一緒のチームとして活動します。このおかげで、なかなか敷居の高かった強豪チームのお兄さんお姉さん達と仲良くなれた初心者チームもあったんじゃないかな、と思います。
スーパーチーム相談

実際のビッグフィールドゲーム。フィールドの面積に対してロボットが少ないので、本当のサッカーみたいでメチャクチャ面白い!!ゴールの大きさはBコートのままですから、なかなか点が入りません!ゴールシーンは選手も観客も大興奮です!!Bオープンのスーパーマシンの間を縫って2輪マシンがボールを運ぶ姿、すごいですよ。百聞は一見にしかず。既に参加者がYouTubeにあげてくれていますので、ぜひご覧下さい!!

ビッグフィールド1

ビッグフィールド2

ビッグフィールド3

ビッグフィールド4

ビッグフィールド5

ビッグフィールド6


最後の方は、オープンの高校生達が、ロボットにスマホを積んで、ロボット目線の動画をとっていました。ロボットの後ろからはロボット目線映像が見えます。
スマホonロボ1
スマホonロボ2
スマホonロボ3

5on5は、このオープン大会のフィナーレにふさわしい、本当に皆が一体になれるすばらしいゲームになったようです。

最後に、このビッグフィールドにロボットを並べて記念撮影。メンバーの入った写真もあるのですが、ここではロボットだけで。なぜか中央に陣取るReverseのねこ!いやいや、今回は出場してないんですけど...皆がねこを真ん中に、と言ってくれたのが、すごくうれしいReverse父母でした(飼い主は1日目審判してましたが2日目は不在だったんですけど...)。
ねことゆかいな仲間達

大きなポスターも本格的!本当にすばらしい大会でした!!


コメント
この記事へのコメント
No title
REV父様

union12の父です

いい活動をされていますね
5vs5はとてもいいルールと思ってます

全国大会でも取り組みたいですね

こちらはノード運営維持で手一杯です
なんとか、もう一つ上の活動をしたいですね

映像には静岡ブロックのチームも確認出来ました

この経験を生かして欲しいですね


それと、ご指摘の情報発信の形ですが、確かに一時に比べ少なく感じます
これから頑張ろうとする地方のチームには優しくない状況ですね
今までは、REV父様推薦されているブログやチームがとてもいい情報を提供してくれいたのですが
うまいやり方を見つけないと先細りになると思っています


どうしたものか

2014/05/18(Sun) 21:23 | URL  | union12の父 #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。