ロボカップジュニアサッカーに参戦していたTeamReverseの徒然を記すブログです
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年11月03日 (水) | 編集 |
Reverse父です。

10月中に完成しているはずだったボールセンサー周りと超音波が,まだ全然できていなかったのですが,まあ,10月末に試験があったので,しようがないでしょう。(って予定たてるときに考えておかなきゃ)

今日は祝日で丸1日空いていたようで,久々に制作活動をたっぷりしていました(姉の方です)。ちなみに妹の方は現在マリオと宇宙旅行に一生懸命^^

ボールセンサー用のマルチプレクサ基板と,PSoC超音波が一つ,できていました。両方,基板つくって一発動作!超音波はぽよこまだんなさんのところを参考に8ピンPSoCに移植して実験していたので,基板を作ってチップを移すだけでちゃんと動作したようです。ただ,PSoC本の例では液晶表示用に距離更新を間引きしてあったので,反応が鈍い!まあ,あとはソフトで調整ができるのがPSoCのいいところですから,修正していけばいいでしょう。今のところ出力はDACを使った電圧出力で,7センチ~1.6mくらい測れるようですが,メイン基板のアナログポートが足りないそうなので,PINGのような動作に変えることもトライすることになっています。
ほんと,久しぶりに今日はだいぶん進みました。まあ,メイン基板と足回り工作は終わっているはずなので,あと少しで動かせる形になるでしょう。動きを作るソフトの部分を作り込めるように,動く機体ができるといいのですが。

ガンローラーの方は,ちゃんとできるんだろうか...そのうち宇宙旅行から帰ってきてくれるといいんですが...

コメント
この記事へのコメント
こんばんわ、ぽよこまだんなです

そういえば夏合宿で聞かれた時に、表示用に間引きしているところの
修正を説明するのを忘れていましたね。申し訳ないです。
8ピンPSoCだとピンが少なくて、もうちょっとだけピン数のある
パッケージの物が欲しくなりますが、その次が28ピンのもので
ちょっと悩みどころですね
超音波センサー側のPSoCはそのままで、メインCPUと超音波センサーの
やりとりを仲介するPSoCをもう1個搭載すると、
PINGのような通信も可能ではないかと思います
2010/11/04(Thu) 23:50 | URL  | ぽよこまだんな #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。